ブログトップ

東京ペレットのブログ

tyopellet.exblog.jp

タグ:施工例 ( 58 ) タグの人気記事

本日のペレットストーブ工事

d0013099_9334372.jpg


イタリアからテルモロッシのコンテナ入荷を待っていたので、久しぶりの設置になりました。
本日はエコサーモ1000easy、日野市での設置です。
御施主様の方でコーラルストーンの床・壁のストーブコーナーを作っていただきました。



T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2012-09-28 09:33 | ペレットストーブ

本日のストーブ工事

d0013099_10124377.jpg


本日の工事は西東京市にて
エコサーモ1000(赤)です。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-12-24 10:12

本日のストーブ工事

d0013099_18321432.jpg


本日の工事はあきる野市にて
ヴォトケ社のフランク(赤)です。
周囲への熱影響をなくすために、断熱二重煙突を特注製作し使用しています。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-12-07 18:32 | ペレットストーブ

ペレットストーブの煙突(排気筒)

d0013099_18313020.jpg


当社で施工の時に使う煙突です。
左側が通常のφ100シングル煙突、
右側が特注で製作したφ100-150の断熱材入り二重煙突です。

直径で5センチの差ですが、ごつい感じがだいぶ違うのがわかります。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-12-07 18:31 | ペレットストーブ

煙突掃除

d0013099_1021863.jpg


今日は煙突掃除作業をしました。
これは、煙突の底の灰が溜まる蓋を外したところ。
中にごっそり灰が溜まっていました。
(使用部材は二重煙突で、回りの黄色・茶色いところは断熱材です)


T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-10-20 10:21 | ペレットストーブ

本日のストーブ工事

d0013099_9194121.jpg



エコサーモ3001easy
新築現場での設置です。


T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-10-18 09:19

ペレットセントラルヒーティング(4)

d0013099_10345329.jpg


セントラルヒーティングの熱源ペレットストーブ工事、
各部屋のパネルヒーター、
床下の温水配管工事が終了し、

これは温水配管に循環不凍液
(プロピレングルコール、黄色く色をつけてあります)
を注入しているところです。

ポンプとタンクとタイヤ付きフレームが一体になった、
ドイツ製のポンプユニットを使用。
これは、屋根上のソーラーパネルに
循環液を送り込むために、
1馬力のモーターがついた強力ポンプ。

床下配管ではそこまでの圧力は必要ないので、
圧力をかけ過ぎないように、流量絞り目で注入。
コツがわかって注入がうまくなったころには完了。
しばらく温水の工事があればいいのに。。なんて思いましたが

ペレットによるセントラルヒーティング、床暖房、給湯などご興味ある方は
ぜひ、ご相談ください。



T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-09-16 10:34 | ペレットストーブ

先ほどのtwistの正面から見たところです

d0013099_1033827.jpg




T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-07-27 10:33 | ペレットストーブ

ペレット温水ストーブ(1)

d0013099_9585447.jpg


さて今回進行中の現場では、
また温水ボイラータイプのペレットストーブを扱うことになりました。
これは、ペレットストーブに温水の取出し口が付いていて、
温水を主に暖房熱源として使うものです。

今回のセレクトは、
オーストリア・カリマックス社のtwistという機種。
これで3台目の設置になります。

ストーブの背面に、
温水回路の往き管、戻り管の接続口があって、
そこに暖房の回路をつなぐようになっています。

もう3台目だから、簡単なものよ、と思っていたら、

今回から「循環ポンプ、配管、圧力計等」が、
別売りになっているのでした。

どうも、ヨーロッパでは、暖房システムとのマッチングの自由度を高めるため、
設備業者が自分でポンプ等を選択できるようにした、ということです。
さすがにあちらでは温水暖房とペレット器具が普及しています。

こっちは極東のペレット温水初心者なのだから、
オーストリアで組み立ててから送ってくれてもいいじゃないか、
などとつぶやきながら、
同梱されてきた、たくさんのパーツと、
ドイツ語の資料を見ながら小一時間。

。。。組立が面白い。
このバルブは何のために付いていて、
どういう働きをして、
そんなことを考えながらやると、機械の構造がよくわかるのですね。
自分で組み立てよ=温水システムの入門テストだったようです。

システム効率向上、複数室暖房、輻射暖房、
また太陽熱温水器との組み合わせ、給湯への応用など、
ペレット温水の分野はまだまだこれからですが、
とても面白く、実用的な世界です。












T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-07-27 09:58 | ペレットストーブ

ペレットセントラルヒーティング(3)

d0013099_22342716.jpg


前回、イタリアから入荷したボイラーストーブを、
現場のログハウスに搬入しました。

いつも施工しているペレットストーブは、
重量が100kg未満で、
二人で何とか運んでいるのですが

今回のボイラーストーブは約200kg。
重い、重い。
吊り紐をかけて、担ぎ棒を渡して、
大人六人ががりでやっと搬入しました。
搬入に必死なので写真はありません。

イタリア人は、取手もなく持ちにくいこれを、
どのように運んでいるのだろうか。
男たちが歌でも唄いながら運ぶのかな。

ドイツでは台車に三輪タイヤがついた装置を使って、
階段も楽々あげてるのをみたことがあります。

年に十回以上使うことがあったら、
その装置を買おうと思います。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-06-29 22:34 | ペレットストーブ