ブログトップ

東京ペレットのブログ

tyopellet.exblog.jp

タグ:季節の移ろい ( 49 ) タグの人気記事

曼珠沙華

d0013099_1052366.jpg


家の裏庭にて。
今年は株が大きくなったのかたくさんまとめて生えてきました。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2012-10-02 10:05

夕焼け

d0013099_22482537.jpg


現場作業帰りの高速PAにて。
美しいような、
怖いような夕焼けでした。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-10-19 22:48 | 青梅・西多摩・季節の移ろい

台風十二号

d0013099_8342155.jpg


工場の下を流れる多摩川です。

荒れ狂っています。こわいです。


T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-09-05 08:34

d0013099_9573850.jpg


昨日の夕方、青梅市沢井にて。

今年はやたらと虹をよく見ます。
六回目くらいだろうか、
空を眺める時間が多いのだろうか。

先日のこと、不思議なことがありました。
兵庫県あたりの高速道路を走っていたら、
進路の先の方で雨が降っていて、虹が見えて、
そのまま走っていったら、
キラキラした虹の中に入っていってしまいました。

(たぶん、ブロッケン現象のようなものでしょう)

その間、数秒間。
一瞬、虹の向こうに行ったら、あの世なのかと思いましたが、
この世界のままでした。



そういえば、
radioheadの前のアルバムが"In Rainbows"。
へんてこな曲が並ぶのですが、
"Reckoner""House of Cards"など、かっこいい。
youtubeでお試しください。

radioheadのトム・ヨークさん、
最近はatoms for peace というバンドをやってます。
(「原子力の平和利用」というアイロニー
、、、勿論、311前からです)
と、話がやっぱり原発方面に行ってしまうのは
近ごろの意識の在り方でしょうか。

さて、pellets for peace をやらなくちゃ。
[PR]
by tokyopellet | 2011-08-16 09:57 | 青梅・西多摩・季節の移ろい

Cumulonimbus

d0013099_1848712.jpg


風のない暑い一日でした。
ペレット工場の東、山の向うに見事な入道雲。
入道雲、学術名キュムロニンバス。何となく、語感があっています。

日本語の世界では、決まった方角に発生する入道雲に、
丹波太郎とか、山城次郎といった名前をつけることがあります。
(利根川を坂東太郎と呼ぶようなものです)

丹波太郎は京都からみて丹波のほう。山城次郎は奈良の方からくる奴。



今日のも名前をつけたくなるような奴でした。




T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-07-05 18:48 | 青梅・西多摩・季節の移ろい

とある日曜日の水力発電

d0013099_18253031.jpg


蒸し暑い夏の日曜日、
知り合いの鉄工所兼発明家のお誘いで、
市内の霞川(かすみがわ)へ小水力発電の実験を見に行きました。

川の小さな堰のあるところで、
落差を利用して羽根車を回します。

今回は最初の進水式でしたので、
「羽根が回れば成功」
ということだったので、成功ということになろうかと。

羽根の軸に、変速機と小さな発電機を付けて、
実際に電気も起こしてみました。

小さな電球が、はかなげに光ります。

このあたりは今後の改良ということになってきます。
発明の今後が楽しみでもあります。

こうしたことは、例えば小学生(もちろん大人でもいいですが)に
体験させてみたらいいかなと思いました。

一つは、電気をつくるのって大変なこと、と実感すると、
節電節電いわなくても、電気を無駄遣いしなくなるのでは、ということ。

もうひとつ、
コンセントの「オス」を増やすのは、電化製品を買えばよいので、簡単です。
コンセントの「メス」を自分たちでつくるっていうのは、
簡単ではないけど、面白いではないか。

そんなことをいろんな人が考えて、いろいろなやり方を試せたら、
世の中が少しずつ、変わるかな。そんなことを思いました。










T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-07-05 18:25 | 青梅・西多摩・季節の移ろい

イタリアの国民投票

d0013099_2253991.png


イタリアで6月12日、13日に行われた、原発再開の是非を問う国民投票は、投票の94%が脱原発を選択するという結果になりました。
福島第一原発事故が投票結果に影響したというニュースでした。
ドイツ、スイスに続いて、
イタリアも脱原発ということになりますが、
フランス、そして日本はどこへ行くのだろうと不安になります。

昨年のちょうど今頃、イタリア北部を訪問しましたが、
あの美しい村々の風景と、
原発はとても相容れるものではないと思います。

ただの旅人の所感かもしれませんが、
イタリアの人々は、日本人より、よほどゆったり暮らし、
もちろん、仕事はしっかりこなすけれど、
それに拘束されすぎず、
人生を楽しむということについては、
彼らを羨ましく思った記憶があります。
たとえ、少々停電しようが、不便があろうが、
揺るがない暮らしがあるのではないか。
そんな気がします。

もしも停電したら、とか電気が足りなくなったら経済が云々、
とかく心配する日本人ですが、
人生において大切な事、ものは何だろう、と考えると、
多少、電気が少なくなることくらい、
たいしたことではないように思えてきます。






T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-06-14 22:05 | 雑感

モデルハウス”環の家”一年と少し

d0013099_1501246.jpg


昨日は新築住宅の内覧会とあわせ、モデルハウス”環(たまき)の家”の見学案内をしました。
昨年の春に完成したので、一年と少し経過した訳ですが、木の色艶が少しずつかわってきました。檜と杉の梁も落ち着いた風味になってきたような気がします。
随時見学を受け付けていますので、ご希望の方はお知らせください。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-06-12 15:00 | 青梅・西多摩・季節の移ろい

信濃川

d0013099_1881577.jpg


信濃川

新潟方面の出張で訪れた、高速道路SAの展望台より。
水と田んぼがありさえすれば、
何となくいろいろな不安も大丈夫のような気がしてきます。
なので、水も土壌も、放射能やらで汚染されないことを祈ります。

T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-06-07 18:08 | 雑感

地貌季語(ちぼう きご)

d0013099_21533165.jpg


連載漫画が「ほのぼの君」だったころから東京新聞を読んでいます(今はちびまる子ちゃん)が、
最近の東京新聞はとても好きです。
先週から1面トップでは福島原発の検証記事を連載しています。
夕刊の文化面、インタヴューも秀逸な記事が多いです。
今日は俳人の宮坂静生さんへのインタヴュー。
地貌季語、初めて聞く言葉ですが、これは宮坂さんの造語で、
『全国各地それぞれに違って捉えられるはずの季節感を豊かに表現し、「土地の貌(かお)」を伝えている言葉』を指すのだそうです。
例として、例えば信州で使われる「木の根明く(あく)」=ブナやハルニレの木の根元だけ雪がとけて、春の訪れを実感する、など。
季語は京都の平安貴族のものだけじゃなくて、日本全国津々浦々にあるのだよ、というお話。
そうですね、日本の風土には多様性があるのです。
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0254050/top.html


T.Kawajiri / Tokyopellet
[PR]
by tokyopellet | 2011-05-20 21:53 | 雑感